学生時代に奴隷になったのは部活だ。4年代のころからピアノを習っていたので楽曲への免疫はありましたが、小学校の時にマーチングバンドに入り、はじめて楽曲の本当の楽しさに気付きました。それまでは自ら公演していましたが、みんなで一つの楽曲を作り上げる楽しさを知りました。小学生卒業後も吹奏楽部に入り、トランペットを吹き続けました。特に熱中したのが高校生時だ。中学生の頃に見た、とある高校生の定期演奏会がかっこよすぎて、「あのブレザーを着て、私もそんな公演がしよ!」と思い、その高校生への進学を覚悟しました。
そうして見事、目指していた高校生に進学できました。憧れの学校の吹奏楽部に入ることができ、また、責務教育を離れて自分の判断で暮らしをこなせるようになり、同時に部活に割く日にちが増えました。当時はTVで吹奏楽部の実施が集めわたることが多く、私だけでなく部全体での想いも大変高かっただ。しかし、進学校だったので学業との兼職が難しかっただ。
社会人になり、楽器を触る時間はなくなってしまいましたが、おんなじ内容にかけて互いに戦った部活の組織は今でも人付き合いが続いていらっしゃる。http://okaneganai.hatenadiary.jp/